七宝の魅力

有線七宝

有線七宝とは、金属に銀線を植線し、ガラス釉薬を焼付けたもので、天保年間に尾張海部郡(現在の愛知県海部郡)の梶常吉によって、その技法は確立されました。
その後、19世紀後半の科学技術の発達や、美術工芸を取り巻く意識の高まりにつれ、七宝の技術・意匠も急速な発展を遂げました。

美術界において、欧米を中心にジャポニズムの動きが興ると、世界各地で開催された万国博覧会では日本の七宝の品々は、その巧妙さ・精美さで、他の追随を許さない、日本特有の工芸品として、世界的に高い評価を受けることになります。

日本文化の華として世界を魅了した、最高級の美術品としての七宝の魅力は、国内外の美術愛好家だけでなく、生活のあらゆる品々の装飾としても浸透しています。七宝独特の、ガラスのきらめく様子や、折り重なる色彩の深みは、観る人の心をとらえてはなしません。

安藤七宝店は明治13年(1880年)創業以来、万博など海外・国内で多くの賞を受賞し、明治33年には宮内省御用達を拝命いたしました。


扇面流文七宝花瓶
扇面流文七宝花瓶

月に花之図撫角七宝皿(部分)
月に花之図撫角七宝皿
(部分)

蜻蛉文七宝花瓶(部分)
蜻蛉文七宝花瓶
(部分)


■「七宝」の語源■

「七宝」とは、仏教典にある<七つの宝石>が語源になっています。宝石の種類は仏典によって異なりますが、法華経では、 「 金・銀・瑠璃・シャコ貝・瑪瑙・マイエ(貝殻の一種)・真珠」とされています。
「七宝焼」は桃山時代前後、その七つの宝石ほどに美しい焼き物である、ということから付いた名のようです。

▲このページの先頭へ